スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱性けいれん
みなさんに、ご心配おかけしていますが、今現在、風邪と戦っております。

ユウトが。。。


前回の記事を書いた翌日、熱が出まして、行きつけの小児科を受診。

夕方、39℃ほどの熱が出たのですが、ご飯も食べれたし、水分も取れたし、グッタリってほど元気がなかったように見えたので、座薬せずに、冷えピタで様子を見てました。


夜10時過ぎぐらいだったと思います。
私は子供達と一緒の布団で寝始めたとき、ユウトが

ウギャー!

目は天井を見上げ、腕は縮めた状態でガクガク震え、見てすぐ、けいれん起こしたってわかって、すぐ救急車を呼びました。

この日、たまたま旦那が休みだったので、私が電話している間、様子を見てくれていて助かりました。
後から、先生が「けいれん時の様子が大切だ」と知り、もし一人だったら、ちゃんと見てなかったかもしれませんでした。

けいれん後、意識を戻さないユウトを抱いて、大声で名前を何度も呼んでいた旦那。
これも、してはいけないことでした。
でも、この間、ユウトの息がなくなったみたいで、旦那は「やばい」と思い、とった行動でした。

あまりにも異常な行動と様子にかなり動揺しまくって、電話していた私は何度も救急隊員の方に落ち着いてと言われましたが、落ち着くまでにかなり時間かかりました。
救急車の中で意識を取り戻したユウトを見てようやっと落ち着いた感じです。


救急車で病院へ運ばれた時には、ユウトもだいぶ落ち着いて意識もしっかりしていました。

ここで、ちょっと余談になりますが、救急車に私とリョウタも同乗していたので、救急車から3人降りた時、救急隊員に抱かれていたユウトではなく、私に抱かれていたリョウタを病院の方達は患者だと思っていました。
なので、私「小さいほうではなく、大きいほうですので、よろしくお願いします。」って言いました。苦笑


救急で見てもらい、診察、血液検査をしてもらい、だたの夏風邪でちょっと気管支炎になっている状態。けいれんは、熱性けいれん。と診断されました。
その日は自宅で様子を見ることになり、一安心しました。

でも、けいれん止めの座薬がユウトを変なテンションにさせるし、まともに立てない状態。
翌日もそんな状態なので、ユウトを一人にはできないので、旦那に急遽仕事を休んでもらうことにしました。
その日、行きつけの小児科に再度見てもらいに行ったら、喘息になっていて。。。。

本日も行きつけの小児科に見てもらったのですが、軽い気管支炎になっていたので、少しずつよくなっているようです。

でも、熱は続いています。

今日は、座薬を使って少しは体が楽になったのか、パンをちょっと食べてくれて、今、ぐっすり寝てます。


元気になるには、もう少し時間がかかりそうですが、リョウタにうつらずに我が家の風邪がひと段落してくらたらと願うばかりです。
スポンサーサイト
体調優れず・・・
久々の更新になりました。

前回の記事で今回、我が子の誕生日について詳しく書こうと思っていたのですが、時間が経ちすぎたので、短くまとめてみました。

ユウトの誕生日は、仮面ライダーディケー○のケーキをおいしく頂きました。
誕生日プレゼントは、あいうえおの本とゲームソフト。

リョウタの誕生日は、ケーキの代わりにメロンをおいしく頂きました。
誕生日プレゼントは、絵本5冊とジャンプして遊ぶ遊具。
誕生日当日は、水族館に行く予定だったのですが、前日に熱を出しまして、お家でのんびりすごしました。


ザックリですが、こんな感じで愛する我が子の誕生日を無事に迎えることができました。


今月、ユウトが初めて床屋さんで髪を切ってみました。
動いて、髪を切ることができないで帰ってくるかと思っていましたが、おとなしくしていたようです。

髪を切って、さっぱりしすぎたのか、その夜高熱を出しました。
機嫌はいいし、食欲もあるのですが、熱が39℃以上出始めると、さずがにぐったりするので、座薬と風邪薬を頂いて安静にしていました。

ユウトの風邪が良くなったのは、1週間後。

その後、案の定、リョウタが熱を出しました。

熱は1日でなくなり、咳だけひどかったので、咳の薬を処方してもらった翌日、咳だけだし、ポーテージを受講しに行ったのが悪かった・・・・・。

その日から鼻水も出始め、食欲が落ち、水分をとるのもいやがるようになり、翌日39℃の熱も出始め、本人グッタリ。

ママ反省。。。。


近所の小児科に座薬と鼻水の薬をもらいに行くだけのつもりが、元気もないし、胸のへこみも気になるので、かかりつけの子供病院で見てもらうことに。

なんとなく、嫌な予感。。。。


的中!!!!

入院!!!!


ユウト、ガーン、ガーン、ガーン、ガーン。


実は、入院した翌日、ユウトの保育園の夏祭りが行なわれる予定で、ユウトはその日のために一生懸命踊りを覚えていたのに、ママとリョウタが行けなくなってしまいました。


ユウトは、「ママは?」と何度もパパに聞いて、保育園についてもいつもの元気はなく、夏祭りが始まっても「ママのところへ行く!」「もう帰る!!」といっていたそうです。

本当、ごめんね。
ママ、またまた、反省。


夏祭り後、翌日から旦那は仕事なので、旦那の実家にユウトを預けたのですが、旦那曰く「おいて行かないでー!!!」。
涙涙の別れでした。


4日間の入院で、リョウタは退院できましたが、退院後、軽い下痢になり、受診しようか迷っている最中。
ユウトも保育園に行くと熱が出るみたいで、こちらも受診しようか迷っている最中。

2人とも元気になってくれるのはいつになることやら。

ともかく、入院は本当、勘弁してほしい。。。

入院した原因はママにもある。。。
ママ、反省。

そんな中、ユウトは旦那の実家で1~10まで数えられるようになりました。
親が何度もおしえようとしてもだめだったのに、ジジ&ババなら数日で覚えてしまう。
親ってそんなもんなのかもしれない。。
Copyright © 自己中ユウママの育児日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。