スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わっていく思い
リョウタが生まれたとき、“これからまた寝れなくなるなぁ”なんてのん気に思っていた。

リョウタが産まれた翌日には異変に気づき、たくさん泣いた。

ダウン症と告知されるまで心のどこかで病気じゃないと思っていた。

告知され、懸命にダウン症についてネットで検索。

勝手にリョウタの将来を想像し、絶望した。

あれもできない。これもできない。。。

それでも、心のどこかでうちの子は普通の子と同じく成長してくれると思っていた。

そんな思いとは反対にゆっくり成長していくリョウタ。

なんか特別にしなきゃいけないのかもと、赤ちゃん体操、フラッシュカード・・・。


自分の親にリョウタを連れて実家に戻ってきては困るといわれ、親に対して愕然とし、日に日にリョウタに対して想ってはいけない事を願っていた。


その間、どんどん周りに追い越されていくリョウタ。

私のなにが悪いの?

意味なく、リョウタを抱く。。。


1歳になり、リョウタのてんかんに気づく。

“旦那と結婚したことが間違いだった”と思ってしまう。

てんかんの薬を服用していてもすぐには発作は消えず、発作を起こすたびになぜかイライラした。

リョウタの成長するスピードに納得できない私。

無理やり四つん這いやつかまり立ちをさせられるリョウタ。


春が来て、母子通園に通う。

いろんな病気の子とその親と出会い、少しずつ気持ちが楽になる。

先生方のお話に共感し、自分の間違いにようやく気づく。


もっと、リョウタを愛してやればよかったと。

ユウトの時のように。


いろんな事が、ゆっくりなだけ。

一生出来ないわけじゃない。

1年、2年…10年、それ以上かかるかも知れない。

でも、私が願い、リョウタに伝え続ければ、いつかはできる。


リョウタが元気でいっぱい笑って、泣いて、怒って。


リョウタはリョウタ。

他の誰とも一緒ではない。

「ほかの子と比べてはいけない」ことに本当に気づく。


家族みんなが元気に過ごせていることに感謝します。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

こんんばんわ!!
いつまでたっても、その悶々とした気持ちはあるんですよね・・。
私もいつも自問自答してます。。
ユウママさんの気持ち痛いほどわかります。
やはり成長はゆっくりです・・うちの子6歳で保育園に通ってますけど、つくづく成長のゆっくり差は目に見えて違います。。
私も励ましたりできないけど・・・色々悩み・苦しみながら、子育てしてる人がここにもいますよ!!
HAPPYハナミズキ | URL | 2010/08/09/Mon 20:45 [EDIT]
チビクロゆうさんも、親御さんとの間に辛いことがあったのですね。。。

たくさん泣いて、絶望して、これまでの人生も否定してしまうくらいの気持ち、
私もあの告知された頃、おんなじでした。
やっぱり完全にそれが消えたわけではないけど、
今は毎日の雑多なことで手いっぱいで、ときどきふっと、
あの頃のことがぽつんと遠くにあるようなかんじです。
ときどきイライラしたり、悲しくなっても当然!
あと、私も偉そうなこと言えませんが、
リョウタくんを愛してやればよかったって、自分を責めないでください。
以前読んだ何かの本に、子どもをどうしても愛せないという人に対して、
そういうときもある、そういうときは代わりに誰かしらその子を愛してくれる人が
絶対いるから大丈夫、というようなことが書いてありました。
一緒にがんばりましょー。
ヒナ | URL | 2010/08/10/Tue 10:27 [EDIT]
ハナミズキさん、コメントありがとうございます。

気持ちの浮き沈みが結構ありました。

今はとても穏やかです。(子供達が春から風邪をひいていないi-237

元気に遊び、大笑いしたり、大泣きしたり、ママの鉄拳が炸裂したり・・・と楽しく過ごせています。

まだまだ悩み苦しむことはあると思いますが、心の中で“一人じゃない”と思い、乗り越えて生きたいです。
チビクロゆう | URL | 2010/08/12/Thu 16:15 [EDIT]
ヒナさんへ
コメントありがとうございます。
リョウタが、パソコンのキーボードを破壊してしまい、お返事が今になってしまいました。
ごめんなさい。

自分の親との事では、本当こたえました。

でも、日に日に“リョウタを受け入れて欲しい”という気持ちはなくなりました。

親も一人の人ですもの。

一生リョウタに対してそういう考え方ならそれはそれ。
いいとか悪いとかじゃなく、そういう人なんだなぁと。

なんとなく、自分の中で自分の親は私の事を全て受け入れてくれると思っていたんですが、そうじゃなかった。
それが、私自身不幸かといったら、不幸ではないと思えてきました。

ここまで、いろいろ本当に支えてくれたことは確かなことなので。


リョウタに対しても想いも、まだまだな部分もあります。

でも、他の人から見たら小さな成長を今では大喜びでリョウタを抱きしめることができる。

あたりまえかもしれないけど、今までできていなかった。

私もゆっくりだけど、確実に成長?できているような気でいます。
チビクロゆう | URL | 2010/08/22/Sun 14:36 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 自己中ユウママの育児日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。